« 137「かがみとこなたとコンプティーク」 | トップページ | 138「愛乃はぁと」 »

スクールデイズ

最終話見た・・・
(以下ネタバレあり)

酒飲みながら近所に住んでる先輩と一緒に見たんですが
正直2人ぐらいで突っこみいれながら見ないとどうにかなりそうでした。

ちょっと凄すぎて言葉にできねぇ!
とにかく原作経験者の先輩と未経験者の私の想像と倫理感を
はるかに越える話だったとだけ・・・。

こんな話、事件関係なく放送できないんじゃないかな。
テレビ局が納品されたものを見て
慌てて差し替えたっていっても誰もが納得しそう。
最後の「確認」のシーンはマジでリバースしそうになりました。

とにかくいろんな意味で伝説の作品でした。

|

« 137「かがみとこなたとコンプティーク」 | トップページ | 138「愛乃はぁと」 »

コメント

もし地上波で放送されていたら、おそらく相当な勢いで
叩かれていたでしょうね。
そもそも、斧は関係無かったようですし。放送局内倫理が
正常に働いた、と評価しても良さそうです。

もちろん、基本的に放送中止という創作物を封殺する様な
事には反対です。が、発表媒体を考慮しませんと、いずれ
大事になってしまう可能性もあります。
世間は、アニメは子供が見るもの、という偏見から、完全
には抜け出せていないのですから。
(これ以降に騒ぐのは、週刊誌程度であって欲しいですね)

投稿: filler | 2007/09/28 01:55

そういえばコッチでははじめまして。
いつもは拍手のみで失礼させてもらってました。
(拍手のカキコ欄が多いんでついそっちに(笑))

スクイズ最終回、私も見ました~。
といってもホント最終回だけで、2~11話は見てないんですが。

イヤもう凄い出来でしたね。感動しましたよ。
これなら規制もするわ。と言うかよく許可が下りたと思います。
アレを抱きかかえる言葉様は凄いです・・・鳥肌ものでした。

投稿: tp | 2007/09/28 20:37

見てないんだけど。。
エロは想像かきたてるように演出してたのに、グロは
もろにやっちゃったみたいですねえ。

投稿: のんき | 2007/09/29 00:04

いつもながら返答遅くなりまして
誠に申し訳ありません・・・。
この悪癖、いい加減にしないと見限られてしまうなぁ・・・。
これからも何卒よろしくお願いします。

スクールデイズ最終回については
ぐるぐる頭の片隅で回ってますが
正直思考停止して、
「全部NG」って言っときます。( ̄▽ ̄;)

>fillerさま
放映指し止めした局GJな流れに笑ってしまった。
いや、自分もそう思いますけどね。
表現したいことが明確であれば
放送局側も堂々とできるんでしょうけど。
やっぱり今回の内容はどうにも理解しがたかったです。
因果方法的な事がテーマでも、
そこまでやるこたーないっつーか…。

原作があってこその最終回の超展開だと思うんですが
普通にアニメだけ毎週見てた人にとっては
やっぱ唐突だと思うんですよね。

アニメは放送時間帯で住み分けが出来てるから
深夜では多少過激な表現でもおkという
大きなお友達ならでは思い込みはまずいのかなーと
改めて思いました。

>tpさま
どうもいつもありがとうございます。
拍手、patipatiだと文字制限無し、
拍手もずっと保存しておけるので重宝してます。
(ていうか返信しなさい!)
最終回にいたる経過も中々とんでもない話なんで
是非見て欲しいです。
これって今時の高校生のリアルなんだろうか…。
ラストのシーンはついジョジョ第一部ラストが頭によぎった人は
多いでしょう…。
ていうかそんな事でも考えてないと見てられねぇ!

>のんきさま
エロもグロも婉曲的な表現だったと思いますが
グロはもう想像させるだけでだめな領域まで
行ってしまったと思います…。
エロいのはエロかった。
黒田さんの描写、なんかすげーエロかったです。


Myself;Yourselfで爽やかにDVDのCMで
ナレーションしてる言葉が不憫だなぁ・・・

投稿: Gてつ | 2007/10/21 14:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82870/16594549

この記事へのトラックバック一覧です: スクールデイズ:

» アニメ School Days の最終回を観てみたよ [ミーハー日記]
精神的に落ち込んでいるときに観るのは凹む、っていうか正直観るのが苦痛になってきた [続きを読む]

受信: 2007/09/28 11:00

« 137「かがみとこなたとコンプティーク」 | トップページ | 138「愛乃はぁと」 »