« 絵日記その66 | トップページ | 絵日記その68 »

絵日記その67

Haruhi_haruhi_merancory
「・・・遅い」

「涼宮ハルヒの憂鬱」より、たまにブルーになるハルヒさんです。

第9話「サムデイインザレイン」が最高でした!
えっと、何度見たかな?6回から先は覚えてません(でた、ヒマ人)
うーんいい加減かわいそうになってきた・・・古泉君がw
いやーうらやましいぜキョン君よ~
4者4様の愛され方で見てる方が恥ずかしいよっ!
わかりやすいフォローをしてくれるみくると鶴屋さん
でてるときはほとんどなーんもしてないのに
フレーム外の仕事で異常に想像を掻き立てる長門さん
そしてそれ以上に想像を掻き立てておいしいところをもってくハルヒさん。
おいおい、すでにカーディガンかけてもらってるのに、
その上にまた自分のをかけるとな!
何だかおだやかならざるハルヒの心中を考えると
ううーん、たまらん!!!
クラブ活動の放課後のリアルさもよかったです。
静寂の中遠くから聞こえるブラバンや他のクラブ活動の声。
この部活動のリアルな描写は来週以降の展開を考えると
いいコントラストになってますな。
撮影時のへろへろなみくるの受け答えも磨きがかかっていて素晴らしい。
ハルヒの声の平野綾さんの演技もがんがんキレていて素晴らしい。
いい意味で10代の少女っぽくない色気が出てるなぁ。
うーん、入れ込みまくってしまった。最高。白眉。面白かった。
一見するとこんななーんでもない話を作れる
懐の深さを持った日本のアニメ万歳、です。

web拍手、サボってる間もいただけたりして、ホントに嬉しいです。
みなさん、ありがとう。

>お、ハルヒブームですな。
ブームですねー。フルメタやAIRと同じく、
京アニ作品が放映されてるときはいつもハマッてますね。上手いんだもん…。

>凛との兄弟愛攻撃、とかさくらが出来たらいいですね
何となくサクラ大戦思い出してしまいました。
そーいうのも見たかったですね。hollowでは未熟ながらも戦えてたようですし。

>半涙眼で切なそうな表情の桜に、哀切を感じてしまいました。
いやー、彼女は再び起きて涙を流すことできるんですかね~…。
20話の士郎、デートしとる場合かァー(ジョジョのシュトロハイムっぽく)

>女の子だけでなく男の子絵や男女カプ絵もたくさんあるのが良いですw
ありがとーございます。二人組ませると絵が考えやすく、
女の子を引き立てるのはやはり男の子、って感じで男女絵が多いかもです。
描きたいカップリングといえば
イリヤと士郎、バゼットとランサー、凛とアーチャー、凛と士郎、長門とキョン…
うーん、首を絞めるからやめとこうw
士郎vsバーサーカーを描こうとしたのですが、
どうしても「射殺す百頭」が描けねぇ…。

>おー、最強ライバルとのタッグですか、ヒロー物の王道ですね
ありがとうございます~。
こういう少年漫画的なシチュエーションに相変わらず弱い私です。
アーチャーとセイバーはもっと絡んで欲しかったという願望も入ってますね~

>しまった、凛の乳首に萌えようとおもったら、弓剣に燃えてしまったw
ありがとうございますー。
やはりhollowのラストは燃えるので、どうせならこんなシーンも見たい!
凛の乳首…そういえばそんなの描いたな~。
あの凛はゲームやる前に描いたせいかどうにも太めでしたw

>ガチでカッコイイっス!シビれました。
ありがとーございます!かっこいいアーチャーは
もっと描いていきたい所存であります。

|

« 絵日記その66 | トップページ | 絵日記その68 »

コメント

お疲れ様です。2枚連続更新頑張ってますね。

「サムデイインザレイン」は確かに面白かった。私は雨の降ってきた12月の夕方の空の色合いがすごく印象的でした。
いつか見た空の色って感じで。

投稿: ヤキメシ | 2006/06/01 01:04

>お疲れ様です。2枚連続更新頑張ってますね。
いやー、どうもです。
最近サボりぎみ&ハルヒが面白かったので連チャン更新です。
5月は結局7枚しか更新できて無かったですけどね…。
はんせいはんせい。

>私は雨の降ってきた12月の夕方の空の色合いがすごく印象的でした。
>いつか見た空の色って感じで。
あ、そうですね、確かに印象的でした。
キョン君が坂道を下ってる途中の町並みが広がってるとこ、
雨とアスファルトのにおいがしてきますね。
自分も坂の上の高校だったので妙にシンクロしてしまいました。ノスタルジーに浸りました。

投稿: Gてつ | 2006/06/01 02:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82870/10338711

この記事へのトラックバック一覧です: 絵日記その67:

« 絵日記その66 | トップページ | 絵日記その68 »